お金 生活

【すぐにできる節約】電力会社を変えて光熱費を節約する方法

2020年12月16日

この記事の内容

電力会社を変えて、光熱費を下げる方法を解説!

家計の節約をするには、固定費を下げるのがとても効果的です。

この記事では、電気料金を抑える方法を紹介します!

 

将来のために貯金をしたいけど、日々の生活費でカツカツで全然貯金できない!

なんてお悩みお持ちの方も多いようです。

でも、ちゃんとポイントを抑えれば毎月数千円、年間で1万円上の節約も可能です。

 

と言うことで今回は、

悩む人
毎月の生活費でカツカツで余裕がない

節約を心がけてはいるがなかなか結果がでない

というお悩みを解決すべく光熱費の下げ方について、解説していきます。

 

電力会社を変えて光熱費を節約する方法

電気代の節約をしようとすると

  • 使わない電気はこまめに消す
  • 使わない時は、コンセントを抜いて待機電力を節約
  • エアコンの設定温度を変える

などを思いつく方が多いかと思います。

しかし、これらの努力では、大きな節約効果は得られません。

 

意外と盲点で、1番効果のある方法が、電力会社を変更することなのです。

今までは住む地域によって、契約する電力会社は決まっていましたが、2016年4月から電力会社を選べるようになりました。

これにより、各社のサービス競争が活発になり、料金が安くなったり、ポイントで還元してくれたり、使う側としては良い環境になりました。

 

今までと同じ生活水準で、電気料金が減らせるほうが、我慢してストレスを抱える節約より全然いいですよね。

それでは、具体的にどのように電力会社を乗り換えたら良いか、次項で解説していきます。

 

電力会社の乗り換え方

電力会社を乗り換える方法は、とっても簡単です。

簡単な理由はこの3点です。

  1. 契約中の電力会社に解約の連絡不要
  2. 乗換え先の電力会社にネットで申し込むだけ
  3. 申込みから約3週間で乗換え完了

このように、携帯電話の会社を乗り換えるよりも簡単にできます。

 

では、具体的な乗り換え方の手順を紹介します。

手順

  • 毎月の電気使用料と金額を確認しよう
  • サイトで料金シミュレーションをしよう
  • 新しい電力会社を決めたら申込みをしよう

 

step
1
毎月の電気料金と金額を確認しよう

家に届く検針票か、Webサイトで確認しましょう。

新しい電力会社に乗り換える時に、料金シミュレーションをするので必要になります。

 

step
2
サイトで料金シミュレーションをしよう

乗り換えたらどのくらい料金が安くなるのか、各社のサイトでシミュレーションできます。

各社の料金を比較してみましょう。

 

step
3
新しい電力会社を決めたら申込みをしよう

各社の料金を比較して、お得な会社が見つかったら申込みをしましょう。

申込みは簡単でWebサイトから必要事項を入力するだけで完了です。

状況によって変わりますが、基本的には工事も不要、約3週間で自動的に切り替わります。

 

おすすめの電力会社

おすすめの電力会社は都度変わるので、最新の情報を調べて、1番条件の良い電力会社を見つけましょう。

 

2020年12月時点でおすすめの電力会社を紹介します。

【おすすめ電力会社】楽天でんき(https://energy.rakuten.co.jp/electricity/

楽天系列のサービスをよく使う方におすすめです。楽天ポイントによる還元や、料金の支払いにポイントを利用することもできます。

 

【おすすめ一括比較サイト】電気とガスの簡単比較 エネチェンジ(https://enechange.jp/?f=header-menu

 

【まとめ】電力会社変えて光熱費を節約する方法

光熱費を節約するには、電力会社を変更するのが、もっとも簡単で効果のある方法です。

無理な節約をしすぎて、人生が不便で辛くなってしまうのはよくないことです。

辛くない節約を、堅実に行っていくことが幸せに繋がっていくと思うので、

まだ電力会社の見直しをしていない方は、この機会に見直してみてはいかがでしょうか。

 

こちらの記事ではお金を貯める方法を解説しています。

もっと知りたい方は、こちらも合わせてどうぞ!

参考
【基本が大切】お金を貯める方法

続きを見る

 

-お金, 生活

© 2020 Minami no Kumo Blog